2019年問題 蓄電池設置工事例 山形市 チームスゴロク

太陽光発電における2019年問題ってみなさんご存知ですか?
太陽光パネルを設置されている方は関心が高い問題かと思います。
この問題は、2009年11月から開始された「余剰電力買取制度」が2019年末に10年経過するため、2009年から太陽光発電の電気を売電していた家庭の売電契約が終了するという問題です。
太陽光発電で作った電気を高い価格で売電できる期間が終了することになります。
何が問題かというと、「余剰電力買取制度」の期間が終了した後の買い取り価格(売電価格)が決まっていないのです。
2009年に売電を開始した家庭はなんと48円で売電できていたわけですが、契約終了後の売電価格は7円くらいになるのでは?と言われていますが、0円ということもあり得ます。
電力会社から電気を買うときは平均20数円なのに、売るときは7円となると、「売らずに使う」または「売らずに貯める」方がお得になります。
そこで注目されるのが蓄電池です。
太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めて、蓄電池にたまった電気を夜使うというスタイルです。
2019年は蓄電池の導入はかなり進むことが予想され、日本における電力の自給自足元年になるのではないかと思われます。
スゴロクでも蓄電池の設置を行えます。
蓄電池とは?蓄電池のメリットに関してはこちらをご覧ください。
工事実績に関しては、こちらをご覧ください。

 

スゴロクは「暮らしのお困りごとを解決する」プロ集団です。
便利屋や何でも屋とは違います。
各専門会社が手を組んだプロ集団です。
電気、パソコン、自動車、塗装、ハウスクリーニング、革製品修理、リフォーム等々何でもご相談ください。
困りごとの種類ごとに、頼む会社を探す必要はありません!
スゴロクに相談すれば、困りごとに応じた専門会社がお伺いいたします。
対応エリアは山形市近辺です。エリア外の方は一度ご相談ください。
メールでのお問い合わせは、こちらから。
https://teamsugoroku.com/contact
電話は0120-951-962まで。今すぐお電話を!

関連記事

ページ上部へ戻る