革ジャンやコートも結構やっているんですよ!!

年代物の革ジャンの修理は、結構依頼がありあます。今回の革ジャンは、あまりにも痛みが激しくてどうしようかと思いました。

まず、襟は実際は破けていて、欠落している状態でした。これは、仲間から製作してもらいつけてもらっています。この仲間が曲者です。ファッションパターンデザイナーというですか、洋服の下地のパターンをつくる人です。例えば、自分の体系が変わり、小さくなった場合は付け足してくれます。とても、器用でなんでも可能じゃないのというくらいです!!

現物は、全体表皮がボロボロで銀面が無い状態でした。一番最初に色を剥がす作業を、ペーパーで行うのですが、革自体がボロボロを剥がれてくる状態でした。

試行錯誤をして作業を進めます。このくらいになると、当方のインクでは加工できません。乾燥時に革を引っ張りあげて、革の繊維を剥離してしまいます。今回は、クリームで補色して、最後に表面コーティングです。防水加工をしないと、クリームは色落ちします。それと、水が沁みては意味がありません。

下記の写真は出来上がりです。料金は、襟のつけ直しも含めて、4万円でした。ファスナーも交換してます。

これから、新品を購入なされる方は、一番最初に「表面コーティング」を施すと長持ちしますよ!!

この方は、奥様から「直す必要性無いんじゃないの?」と、言われていたそうです。が、自分の記念の品なので、何とかして欲しいと依頼されたものです。

関連記事

ページ上部へ戻る