電気自動車EV・PHVの電気工事とは?(山形市 チームスゴロク)

最近、山形市近辺のお客様から電気自動車EVやPHV用コンセントを取り付けて欲しいという依頼をたくさん受けます。
そこで、電気自動車EV・PHV用コンセントの取り付け工事について説明したいと思います。
基本的なところからですが、初めに、EV・PHVの説明です。

①電気自動車【EV】
電気自動車は、EV(Electric Vehicle)と呼ばれ、搭載されている電池に蓄えた電気でモーターを回転させ走行します。(LEAF、BMWi3、e-NV200など)

②プラグインハイブリッド自動車 【PHV、PHEV】
プラグインハイブリッド自動車は、正確にはPHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)と呼ばれ、プラグで充電可能な電池のほかにエンジンも搭載して双方を併用して走行します。電池不足時には、ガソリンエンジンを使用したハイブリッド走行が可能です。(新型プリウスPHV、アウトランダー PHEVなど)

どちらにしても、専用の屋外コンセントが必要になります。
また、EVのメリットですが、
①環境(低排出ガス)
電気自動車EVが注目される理由は、環境にやさしいという点です。走行中のCO2排出量は、ガソリン車と比べおよそ1/4の排出量で済むそうです。(火力発電による二酸化炭素の排出も考慮して)
また、太陽光発電によって発電した電気を充電に使用した場合、ほとんど環境に負荷を与えません。よって、電気自動車は年々深刻となっていく地球温暖化問題解決のため大きく期待されています。
②経済性
電気自動車の注目されるもう一つの理由は経済性です。同じ距離を走行する際にかかる電気代は、ガソリン代の約1/3、深夜電力で充電した場合、最小で約1/9のコストで済むのです。
もちろん、太陽光発電で発電した電気であれば、無料です。
最近、電気代、ガソリン代も上昇傾向にありますが、ガソリン価格は政治経済情勢によって変動しやすく、今後どうなるか先が見えません。
それに比べれば、電気代は安定していると言えると思います。
深夜電力で最小約1/9は、大変魅力的です。
また、電気自動車を蓄電池代わりに使用するという方法もあります。
2009年から太陽光発電の買い取り制度が始まりましたが、余剰電力の場合10年で買い取りが終了します。
2019年問題と呼ばれておりますが、今現在、買い取り制度終了後の買い取り金額は決まっておりません。買い取ってくれるかも決まっておりません。
もし買い取ってくれない場合、もしくは買い取り金額が低い場合は、蓄電池に充電した方が経済的になりますが、現在売られている蓄電池は4~12kwhと要用が小さいうえに、価格がまだまだ高いというのが現状です。
12kwhの蓄電池だとしても、4kwhの太陽光発電でしたら3時間分の発電分しか充電できません。
その点、電気自動車でしたら、リーフなら24kwhと大容量!
もちろん車としても使えますし、古くなったら売却もできますし、昼間は買い物程度にしか使わないという条件にはなりますが、蓄電池よりも経済的なメリットは大きいと思います。

続いて、電気工事に関して。

①電圧
電圧は200Vをお勧めいたします。100Vに比べて約1/3の時間で充電できますので、急な充電が必要な場合にも対応でき、100Vに比べてより快適な
電気自動車ライフを過ごせます。
元々、200Vの電気がきている場合は、100Vと比べて工事費もほとんど変わりませんので、200Vをお勧めいたします。
100Vの電気しかきていない場合で、200Vの電気を引きたい場合は、分電盤及び幹線(外の電柱から家の分電盤までの電線)を交換する必要があります。交換費用は、電力会社への申請費を含めて平均15万円程度掛かると考えてください。
200Vの電気が来ているかわからない場合、分電盤のふたを開けるか、外のメーターを覗いて3本の線(赤、白、黒)があれば、200Vの電気が来ているとわかります。線が2本の場合は、100Vしかきていないことになります。

②コンセント・ブレーカー・スイッチ
電気自動車(EV・PHV)用コンセントは、分電盤に専用の漏電ブレーカーを設置し、そのブレーカーから配線を行いコンセントを設置します。
漏電ブレーカーの感度は、15mA、100msecの高感度高速型タイプを取り付けることをお勧めします。
雨中での充電作業時に万が一の感電するのを防止のために、高感度高速型を設置します。
より安全を確保するために、手元に入り切りスイッチを一緒にセットするのもお勧めです。
雨の日は手元スイッチをオフにしてからコンセント差し込み、その後にスイッチで電源をオンにすると、感電の恐れがなくなり、より安全性な作業となります。また、盗電(勝手にコンセントを差し込み、電気を盗む)防止にもなります。
写真の上のプレート部分がスイッチで、下がコンセントです。

③アース配線
感電防止のために、分電盤には必ずアース配線(分電盤から地面への配線)をする必要があります。もしアース配線がされていない分電盤の場合は、必ずアース配線工事を行います。

④契約電力・電気契約プラン
電気自動車のメリットでも書きましたが、経済的なメリットをより大きく受けるために、契約プランの変更を検討をお勧めします。
例えば、電気自動車への充電をほとんど夜に行う場合、夜間電力料金が安いプランに変更した方が経済的になるかもしれません。
夜間電力プランは、夜間料金が昼間の約1/3となるからです。ただし、昼間の電気料金は、高くなります。
よって、昼間に電気を多く使われるお宅には向いておりません。
どのプランがご自分のお宅に向いているのか、わからないと思いますので、電気工事店や電力会社に相談して下さい。
もちろん、スゴロクでも検討できます!

これから家を建てられる方は、将来のことを考えて、配線または配管だけでもやっておいた方がいいでしょう。
建設時であれば簡単な工事も、建設後に配線をやろうとすると、屋根や壁の中に線を通すことができない場合が多く、配管を壁や天井の外に出さねばならず、外観の見栄えが悪くなりますし、費用も建設時に比べてかなり高くなります。
建設会社さんに「将来、電気自動車の充電をできるように、専用の配線を引いて欲しい」とお願いしてください。

 

実際の工事例はこちらをご覧ください。
https://teamsugoroku.com/archives/115.html

色々な付属部品を取り付けた工事事例です。
本工事事例以外にも、たくさんの工事実績があります。
すごろくでは、お客様に最も見合うキレイな配線工事を選択し、高品質な施工を心がけています。
お客様によって配線方法も工事方法もそれぞれ違います。
お客様に最適な工事プランをご提案いたします。

スゴロクは「暮らしのお困りごとを解決する」プロ集団です。
便利屋や何でも屋とは違います。
各専門会社が手を組んだプロ集団です。
電気、パソコン、自動車、塗装、ハウスクリーニング、革製品修理、リフォーム等々何でもご相談ください。
困りごとの種類ごとに、頼む会社を探す必要はありません!
スゴロクに相談すれば、困りごとに応じた専門会社がお伺いいたします。
対応エリアは山形市近辺です。エリア外の方は一度ご相談ください。
メールでのお問い合わせは、こちらから。
https://teamsugoroku.com/contact
電話は0120-951-962まで。今すぐお電話を!

関連記事

ページ上部へ戻る